読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きな老体気味SEの備忘録

タイトル通り、不定期更新、基本猫の話題は奥さんのブログに他力本願

ネット&スマートフォン・コマース その1

サイトはこちら

ネット&スマートフォン・コマース

そもそも行くことにしたきっかけ

いつものように会社のメールを処理していたら、「締切間近、マルイのオムニチャネル戦略の取組み」とかあって、近所にマルイの店舗があるし、最近洋服や靴だけでなくスイーツに力入れてるなぁ、どんな戦略なんだろう???ということで、1日空けても問題なさそうな日だったので行ってきました。

1.ローソンの「デジタルシフト」と「次世代業務改革」 

ローソンの「デジタルシフト」と「次世代業務改革」
~次世代コンビニエンスモデルの実現~
(株)ローソン
次世代CVS推進本部 本部長補佐
(兼)次世代CVS統括部 部長
秦野 芳宏

マルイとか言っておいて、ローソンからです。朝一番はこちらなので、その順序で書きます。

◆ローソン

ローソンは40周年(今年41歳になります!)。約12,000店舗になりましたよ!

1店舗あたりだったはず→約800人/日の来店(レシート発行数なきがするが・・・)

1店舗あたりだったはず→約526千円/日の売上

Pontaカード会員数は、約8,000万人。

 

◆「デジタルシフト」で考えていること

アルバイトさんを「クルー」と呼ぶらしいのですが、24時間営業の店舗の状況をオーナーが無理なく管理でき、クルーを正しく評価するのにITを利用するというもの。

具体的には、出退勤、清掃や陳列などの行動の予実績をカメラやセンサーで自動収集、分析までやらせておいて、その結果をオーナーが見てほめたり、指導したりするというもの。(動画で未来のイメージを紹介されてました)

 

◆いまいまとりかかっていること

各店舗にあった発注提案を自動で行う。(最終的にオーナーが魂を込めるので「半自動」が限界)

約100のパラメータを機械学習させて、提案するもの。

今までは「スーパーバイザ」という本部スタッフがその役目だったが、そこをデジタルで解決しており、個店独自の課題解決に時間が避けられるようになった。

より、お客様へのサービス改善ができるようになったということ。

 

オーナーが魂込めるというのは、基本機械を信じてないんですが、

例えば自分が売りたい商品があったとして、そのPOPを手作りすることにしたとします。なので、機械は30個と言ってるけど、多くのお客様にその良さをわかっていただくため60個発注しよう!、みたいなことです。

これも一番課題となる個店に最適な発注が自動で組み上がるので、魂を込める余力が生まれるだと思います。

 

◆所感

IT業界もそういうことが起こるでしょうね。

機械学習人工知能の力でね。

試験は自動。バグも学習データがあればある程度勝手に治すだろうし。

そういえば、

Coverity - 高度なソースコード解析 | 静的解析ツールのコベリティ

ってのがありますね。これもAIで自動修復ができるようになるかもしれません。

 

 

会場到着前の東京駅。少し雨が降ってきました。 f:id:inf12ty:20160917003623j:imageJPタワーの旧郵便局長室からの東京駅

f:id:inf12ty:20160917003646j:image

JPタワー内のモールの様子f:id:inf12ty:20160917003656j:imagef:id:inf12ty:20160917003707j:image

 

 書き出すと、なかなかのボリュームになるので、数回に分けることにしました。

そもそものマルイの話が書けるように頑張ります。

 

更にどうでもいいことですが、前回のダイエット話の最新状況をまとめないと。。。

 

 

今度はダイエット

久しぶりの投稿

お陰様で禁煙はかれかれ7ヶ月半続いてます。

投薬治療やめてからも5ヶ月くらいになるかもしれないです。

まあ、一旦成功と言えるんでしょうね。

次の油断は3年後らしいです。

とはいえ、現在も喫煙エリアに行く事もしばしばあり、間接的にタバコに触れてますけし、手元にあれば吸ってるなぁと思ったりもします。

人からもらってまで吸いたいとも思わないし、その場で買うのは更に屈辱的なので、プライドでブロックしてるのが今の私です。

 

さて、すっかり技術ブログではなくなってきましたが、タイトルが備忘録ですから、事始めや経過の記録もありです。

今回はダイエットです。

f:id:inf12ty:20160721124429j:image

禁煙と密接に関係してるようなので、冒頭は禁煙活動の経過報告から入りました。

 

タバコを吸わなくなったのは、昨年12月です。その時に禁煙の先輩たちから太るよと囁かれてました。

今までいくら食べてても、間食、夜食してても痩せる事はあっても太る事がなかったので、さすがに太らないかと思ってたんですが、太りまくりました。

 

半年で7kg。

BMIで24でした。医者からはこれ以上太ったらまずいと言われました。

胴位も83を超えたので、ギリギリですね。これ以上になるとメタボ用の健康メニューをこなして報告しなきゃなりません。

 

32の時に、体脂肪率が25%となった事があって

おお、1/4が脂肪じやん!

って事で慌ててスポーツジムに通ったのを思い出しました。

多分今はそれ以上

なので、ダイエット始めます。

 

特にプランとかないんですが、

2ヶ月後の9/20前後に今の姿をできるだけ見せたくない人間にあって、BeforeAfterを見せる。

あんまり見たくはないだろうけど

ネタ的にも良いのかと思ってます。

 

結構周りの同世代の人がスッキリしてて、動きが軽やかなのが羨ましくて、カッコいいので自分もその仲間に入りたいと思ったのです。

禁煙の次は、体の引き締め。

 

やり方ですが、

2ヶ月だからって、あそこに通うつもりないです。

金も暇もないのでね。

ごく単純に太った原因を喫煙コーナーまでの移動が足らなくなった事だと気付いたので、まずは毎日の移動を故意に増やす事にします。

家でもタバコ吸わないから、ソブァーに座ったり、横になったりばかりだし。

 

なので、前の生活に近づける事にします。

もちろんタバコは吸いませんが、吸っていた時と同じような行動パターンをしてみるという事です。

1ヶ月やって効果がなかったら、もっと運動量を増やしてみます。

まずは2ヶ月で70jg未満にするのと、胴位を80cm未満にする事を目標にしてみます。

増えた期間と量から考えると、少しきつい目標ですが、そんなに無理しなくてもいけるとも言えます。

 

とにかく、毎日ちょっとした我慢やちょっとした無駄な動きに意味があるはずなので、そんな感じでやってみます。

 

 

禁煙治療

昨年の12/4にふと思いつき、
禁煙治療始めました。
まもなく2ヶ月になるんですね。
実際にタバコを吸わなくなったのは、12/15だったと思います。

一応12週間の薬物治療で、タバコを吸わなくてもいられる身体になる事が目標。
薬やって、ドーパミンを分泌させて、吸わなくても過ごせるようにするもの。

タバコが嫌いになるわけじゃない
なので、いつも吸っていたタイミング
例えば、朝起きて一服、仕事の合間の休憩で一服、食後の一服、聴牌などなど習慣的にタバコを吸う状況で吸わない決意が必要だ。

また、投薬治療開始4日目からタバコ吸わないように指導される。
私の場合、このタイミングで手持ちのタバコがなくなるように調整しました。
3日目は、2本しか吸ってなかった気がする。翌日から禁煙しなきゃいけないので、追加購入せずに過ごしたのです。

チャンピックスという薬は、多少身体に負担もあるようで、最初の頃よく便秘気味になりました。
これが辛くて、便秘薬試したのですが、今度は下痢になり、少々嫌になってきてましたよ。
私が騒ぐもんだから、家族にも迷惑かけちゃったし。

なので、薬に対するイメージがますます悪くなりました。
同時にここまでしてるんだから、意地でもやめてやろうとも思いましたね。
タバコが嫌いになるわけじゃない
むしろ、習慣的に吸うタイミングでは吸いたくなる
便秘

最近は無くなりましたが、
タバコを普通に吸ってる夢とか見て、焦って目覚める事もありました。

薬は2週間ごとにもらいに行きます。
最初は2週間ごとに医師による指導もあります。
薬がなくなる前に病院に行って、投薬切れないようにしなければなりません。

今のところ順調です。
というより、薬も1日2回飲むものですが、今は朝しか飲んでません。
相変わらずタバコが嫌いにはなりませんが、吸ってません。
本当は、1/28までに診察に行かなければならないのですが、薬がまだ切れないので、週末に行こうと思ってます。

こんな調子なので、投薬やめてもいける気もしてますが、吸わない理由が薬である以上、もう少し続けようかと思います。
写真は1/25投薬後の状態です。
f:id:inf12ty:20160126081546j:image

週末に医者に相談してみますけどね。

アジャイルという言い方

既にこの言葉が世に出てから、10年以上も経過しており、ここ数年はもてはやされてる印象がある。

アジャイルプロフェッショナルという言葉もあったり、ユーザー企業向けのセミナーなんかもあって、正しく理解してる人が増えてるのかと思いきや、

全くそんなことはないですね。

いや、発注者、開発者のそれぞれの立場で解釈したかもしれない。

包括的なドキュメントよりも、動くソフトウェアを
契約交渉よりも顧客との協調を
計画に従うよりも変化への対応を

なんて書いてありますからね。

安くとは書いてません。
早くとも書いてません。
品質が良いとも書いてません。
動くソフトウェアってのも、極端に言えば、
でもいいんですね。

大事なのは、顧客との協調のところ。
動くソフトウェアの単位、というよりも要件といった方がわかりやすいか、、、を合意して、
その単位で動くソフトウェアを提供していけば、
アジャイルマニフェスト通りに開発されてるということになりますね。

そうは言っても、
期間は無限にありません。
お金も無限にありません。

出荷可能な品質でなければ、使えません。


アジャイル開発手法ってそもそもなんなんだろうってことになりますね。


決して、反復的な開発がアジャイルではありません。
ウォーターフォールでもアジャイルは満たされます。


もう一度重要なことを言いますけど、
大事なのは顧客との協調
です。

何が今までの開発と違うでしょうか?
顧客との協調がないから、不完全な製品が世に出たり、出ないまでもトラブルだらけになったりしてないですか?

もちろん、製品を作り上げる能力は必要です。それは技術者として飯を食ってるなら当たり前。

でも、作り上げるやり方は、自らの責任において、要求通りのものを、自分らのルールで作ればいい

というのがアジャイル


そのやり方のフレームワークの1つがスクラムです。
これはこれで、顧客参加型の開発手法なんで、請負開発を生業にしている企業では実行しにくいんでしょうね。



50歳からの学びについて

こんにちは

以前から、学びを開始するのに年齢は関係ないと思っていた。どちらかと言うと、自分に言い聞かせていたところもある。

ところが最近は、流行ってるみたいですね。
大学に入ったり、公文で学んだり、どちらかというと勉強が趣味みたいな印象です。

別に50歳という年齢に限らないが、子供たちが社会に出てしまえば、自分の趣味に時間が避けられるようになるので、それが勉強でも良いのだが、、、

どうせ大人が学ぶなら、人生経験とも合わせて、ちやんとアウトプットした方がいいと思う。
いろいろ失敗してきて、その原因はこの学問を正しく理解してなかったからだ、とか。
実際に起こったことを、少しドラマティックに伝えられるのが大人だし、だから学ぶことが大切なんだと、やはり自分の子供たちの世代に向けて伝えるのが良いだろう。
その子供たちの世代からのフィードバックがあれば、また新たな側面での経験となり、学ぶ活力、知識蓄積の助けにもなっていくだろう。


学ぶことは良いが、自分以外の人達に役に立つようにしましょうね、って事です。
自分が教える事で教わる事もあり、これがなかなか教科書ベースの勉強では学べない。本来の教育実習というのは、こういう狙いもあったのでは?とか考えてしまった。

自分を他者から頼りになるために、どんなインプットが良いのか、
その前に、頼りにされたい他者は誰か?を決めないとね。

f:id:inf12ty:20150713095410j:image