読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫好きな老体気味SEの備忘録

タイトル通り、不定期更新、基本猫の話題は奥さんのブログに他力本願

先週末からダメテンション

先週のまとめもできず、
朝の読書も手が付かず、

寝てる時間以外は、仕事の事を考える日々

あんまり手を抜いたつもりもなかったのだが、昔の悪い癖が出てたようです。

私の脳は、右脳と左脳が半分ずつあるようで、、、
つまり、

論理的な話じゃないと理解しない

反面、

自分で話したり、書いたりする内容は、論理的でない。


インプットは左脳が、アウトプットは右脳という結構酷い状態。
自分の中ではもちろん論理が組み立てられてるが、アウトプットがその頭の中のイメージ前提になるので、みんなが理解できない。

実は、この手の人間は結構いるはずで、
同じ思考の人間と仕事することもありそうだ。
過去にそういう体験もしてるはずだ。

口癖は、「どうしてわかってくれないかなぁ」

いや、わかるわけないんだよね。

イメージは伝えてる方の頭にしか無いんだから。


私が、悪い癖が出たと思ったのは、
精神的に、特に時間的プレッシャーがかかった時です。

時間との戦いを強いられるため、
記憶の中でどんどん順不同でアウトプットしていきます。
後で見直せばいいんですが、もう遅いです。終電です。
という感じで、やった気になってしまう事ですね。

若い頃は、この特性を分析することもしませんしたから、自分がダメなんだ、こんな仕事もこなせないんだとかネガティブになり、行き着く先は逃避。
つまり、出社拒否ですよ。

逃げても仕事が進むわけでもないんですが、それしか思い当たらなかったですね。

で、今も同じストレスを抱えるわけですが、ネガティブはダメだと呪文をとく事で、まずは踏ん張る。
まあ、年齢的にもへこたれてる場合じゃないし、仕事も進まないんでね、とにかく順番にこなしていきます。

一旦、緊急タスクをやります。

それ以外を中身も気にせず、誰かにキラーパスです。
パスしたボールは最終的に受け取るかもしれませんが、そのままゴールしてくれるかもしれません。でも私の仕事は1人でやってるわけではないので、ギブアンドテイクです。
もちろん、こちらも余裕ができたら、全力でアシストなり、バスを受ける側、はたまた司令塔に戻れば、いいのです。
立て直しができるという事ですね。

とはいえ、

論理的でないアウトプットが出るバグは治したいですね。
ストレスかかった時にも、慌てないという日々の練習の積み重ねでしょうね。
短気なのも、原因の一つ。

今日から変化するわけではないですが、
焦ってるなあ
と思ったら、こんな風にブログ書いてみます。